2012年02月13日

家族だけだった、雪遊びの日

1月27日のお話デス。。。


お友達と一緒に雪遊び〜♪
って、言ってたはずなんだけど、とぉちゃんのたっての希望により、
お友達と別行動。

道路状況も雪の状況もわからないので、安全安心4WDのまろくり号の
単独行動の日でした。


向ったのはお友達が遊んでいた場所から山を隔てた場所。


山のむこう側にいたときには、雪はあるのか?????
な、状況だったのに・・・・・


IMG_9044(1).JPG


目的地に到着したら、こんな感じで、カメラを出すのもちょっと・・・ってくらい、
ドカドカ雪が降っていました。

初めましてのお友達や、お久し振りのお友達の中、二人そろって、雪を満喫の
お嬢ちゃんたち。


IMG_9019(1).JPG

IMG_9029(1).JPG

IMG_9028(1).JPG

IMG_9040(1).JPG

くりんはカモ投入で、とぉちゃんと二人集中力UP!
せるんはあっちへフラフラ〜、こっちへフラフラ〜でかぁちゃんとお散歩。


こんな事なら、防水デジカメ持ってきたらよかった。。。と、後悔するほどの雪の中、
いつものお友達はいないけど、久し振りの家族遊びを満喫した、雪遊びでした。






この頃から、せるんが車に乗るのを拒むようになってきていました。
この数日前から、車に乗ると息遣いが荒くなり、暗くなると運転に支障が出るのでは?
と、思うほど、前へ前へとでてきて膝に乗ろうとし、ガタガタ震えるように。。。

車は嫌いじゃなかったはずなのに、あの忌まわしい事故の『ドーンッ!』の記憶が
よっぽど怖かったのか。。。。。

『夜&停まってる』
この状況が一番辛いらしく、遊び疲れているはずなのに、帰り道は寝るどころではなくって。。。

今までは仕事の日でも、一度家に帰ってしまうと置いて出る事ができず、少しのお買い物でも、
車に一緒に乗って、出かけていました。
でも、あれだけ怯えて逃げようとするせるんを見ていると、私達と一緒にいる事よりも、
怖い記憶に無駄に立ち向かわせず、避けてあげることも必要なのか・・・とも考え、
日が暮れてからは、出来るだけ車の乗せずに、家でくりんと一緒にゆっくり過ごしてもらっています。

お友達に相談して、次のお出かけからはフラワーレメディを使って、怖い記憶から開放できるよう、
試行錯誤ですが、せるんと一緒に頑張っています。

くりんは車に乗ることを躊躇する事もなく、今まで通り行き道は助手席でかぁちゃんの見張り番。
帰り道は後部席で爆睡。。。。。

せるんの症状は、人で言うPTSDみたいな感じなんですかね。。。
せるんは犬だから、その後遺症を補償してくれる法律は日本にはありません。
ぶつかってきた相手に対して、車の事・せるんの事・自分達の怪我の事、
色んな意味で誠意がなく、『腹立たしい』という感情以外、出てきませんが、
それを言っても、何も始らないし。。。。

事故にあった小さいまろくり号に再び乗せたらどうなるかわかりませんが、
もうすぐ帰ってくる小さいまろくり号でまた、楽しいお出かけができるよう、
意外とダメダメちゃんのせるんを一緒に、くりんを見方につけて頑張ります。





ニックネーム えつ at 21:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれま〜、せるんちゃん大変なことに・・・。
パパ&ママさんのお体の具合はよくなりましたか?
せるんちゃんが1日でも早くもとに戻れますよう青森の雪の下から祈ってま〜す。
Posted by ベキ子でし。 at 2012年02月14日 04:53
ベキ子ちゃん。
引き続き、ご心配をおかけしましてすいません。
とぉちゃんかぁちゃんもそこそこ無事に暮らしております。
るんこちゃんは、少しずつ少しずつリハビリ中。
いつか克服して、青森まで遊びに行くから、待っててね♪
Posted by えつ at 2012年02月16日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。